お気に入りの作家さんは「村上春樹」

割と音楽や本やマンガは偏食で、浅く広くというよりは、好きな物だけずっと聞いたり見たりしている感じです。
特に小説は本当に好き嫌いが激しくて、10年ぐらいまともに読んでいませんでした。(その間はノンフィクションや雑学ばかり読んでいたんです。)

ところがここ数年ハマり始めたのは村上春樹さんの小説です!
ハマったポイントは二つです。
まず一つ目に、適度にファンタジー性がある事です。(もちろんそうではない小説もあります。)知らない生き物が出てきたり、別の世界と行き来したり、現実ではあり得ない事件が起きたり、秘密の基地があったり・・・そういうワクワクする要素があるので、単純に「面白い」という気持ちで読めます。
そして二つ目が、完全なハッピーエンドでは無い事です。実は元々、ハッピーエンドではない話は苦手でした。でも村上春樹さんの小説の終わり方は、ハッピーエンドでは無いのに気持ちがすっきりする終わり方なのです。後にモヤモヤが残りません。(ちなみに珍しく完璧なハッピーエンドなのは『1Q84』です。)

こんな訳ですっかり村上春樹さんにハマって、文庫版の小説はほぼコンプリートしてしまいました(笑)
少し難しい表現もありますが、気になる方はぜひ読んでみてはいかがでしょうか。アシリアクリニック