家庭の困難は半ばこ。

一緒になって十クラス以上に達する私の恋人は、新婚当初から、ありとあらゆる一家を、率先して手伝って頂ける。 こちらが唯一得意な「洗濯」だけは、ちょくちょく職種を噛ませて頂けるのですが、大の苦手な「夕食」原則、食後の「食器洗い」、「クリーナーかけ」や「カーペットのコロコロかけ」まで!?、言葉一部分いわずに、こころよく引き受けて、きっちりと生真面目に運転をしてくれます。 お家の父兄の、一家振り分けは、完全に夫人のみがおこなってあり、たま〜に食器を取り去るぐらいしか手伝わないパパを、長期観て来たので、なんでも手伝ってくれて、しかもこちらよりも値段に上手に一家を片付けてもらえる恋人に、甘えるどころか、驚いて要る生活なのですが・・・。 結婚してずいぶんの一時がたち、がさつな私の一家に、不満一部分云わずに、黙ってフォローし続けている恋人に、感謝と陳謝の気持ちを込めて、この頃は、苦手な「夕食」に挑戦中。 大きな負けいくさは無いのですが、予め、断じて上手には出来無い私の「夕食」を、「美味しいっ!!!」と、大げさに歓んで食べてくれる恋人の為に、「夕食」だけでなく、「オーバーホール」や「洗濯」なども、もう一度頑張ろう!と想う昨今だ。