松山市近郊にいらっしゃる、とある古本屋でのできごと

我々は現在古本屋を廻っています。中学に陥る小児は「宇宙兄妹」バスケをやる乳児は「あひるの空」と子供たちが読みたいマンガを求めて松山市に起こる古本屋を探し回っていました。私も赤ん坊時代にマンガに楽しませてもらったので、マンガは素晴らしいものだと思っています。ただこういう2つのマンガは既に20巻以上の大作で今日から全額新刊で引き寄せると大いにお金が加わる。そんなやりくりも考えて古本屋を求めていました。ただ古本屋ともなると結構全巻そろわず巻と巻の時間が抜けていて、古本屋の循環店先を見い出しまくっていました。
ある時ネットで古本屋を調べていたら循環店先とは更に店先を見つけました。そこは松山市近郊にいらっしゃる地方情景が似合う住宅通りの一軒家に倉庫があり、そこを古本屋として成り立たせていました。小道具の電機は消えていましたが我々が店先に入ろうとすると中から50費用くらいの女性が出て来て「何とぞ」と言ってくれました。「こんなところに古本屋があったんですね」と聞いたら「小児がカレッジ時代に戯画創造会に所属して戯画を集めたのでそれを生業にしようと考えたけど負けるんでこれをサイドジョブにしてる。」と言っていました。只この店では文献を買うことはありませんでしたが、いいコンタクトにしていきたいなと思うような瞬間でした酵素ドリンク販売