黒星先行の稀勢の里、またしても休場か?〜大相撲九州場所9日目〜

またしても、稀勢の里が敗れてしまいました。
これで4勝5敗と黒星が先行。
平幕宝富士に成すすべなく敗れた姿を見ると、
モチベーションもかなり落ちてしまっているようにも見えます。

実は相撲解説の舞の海氏は場所前のけいこを見て、
まだ出場できる状態には遠い内容だと見ていたと中日のラジオの解説で仰っていたのです。
9日間通して受け身で取る相撲が目立ち、
稀勢の里本来の左からねじ込んで寄り立てる相撲が取れていません。
元々忍耐強く人前では弱い姿を見せることのない横綱ですが、
状態がやはり万全でないところをみると、またしても休場ということも考えられます。
5場所連続の休場ということにもなると、
さすがに横綱審議委員会も黙ってはいないでしょう。
しかし、暴行事件疑惑の日馬富士や
体調が芳しくない鶴竜も横綱生命がピンチという状況で
待望の日本人横綱の稀勢の里まで土俵人生の瀬戸際となると、
今、上向きの相撲人気も萎んでしまう状況になりかねません。

相撲界は今大きな岐路に立たされているといってもいいかもしれません。無利息でお金を借りる